住み慣れた地域で、みどりの杜(もり)が育む『在宅復帰』と、安心できる『在宅生活』のお手伝い


テキストサイズ 小 |中 |大 |


理事長挨拶

社会福祉法人みどりの風 理事長 小島健一
私たちにできること 法人理念「慈愛と共生」のもとに

  •  社会福祉法人みどりの風理事長の小島健一です。
  •  平成11年2月の開設当初から5年間、私は「みどりの杜」で事務長として勤務し、当施設の草創期において皆さんと苦楽を共にできたことを今も誇りに思っています。
  •  また、すでに開設から15年が経過したわけですが、現在の「みどりの杜」が地域や利用者の方々から大変高い評価を得ているのは、連綿と続いてきた職員の皆さんの当施設に対する愛情と努力の賜物であると深く感謝いたしております。
  •  今後、「慈愛と共生」の理念のもとに、この素晴らしき「みどりの杜」の施設及び職場環境をさらに発展させ、日本の来たるべき超高齢化社会に対する一助となるべく邁進していく所存です。
  •  引き続き、ご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願いいたします。







shisetsu (1).png


施設紹介

こんにちは。みどりの杜です。

  • 当施設は、社会福祉法人みどりの風が運営する介護老人保健施設です。入所定員100名、通所リハ定員35名、ショートスティ、訪問リハビリ、居宅介護支援事業所を運営しています。法人理念である「慈愛と共生」のもと、住み慣れた地域に在宅復帰できるよう、また安心できる在宅生活が送れるようお手伝いいたします。

【施設理念 -慈愛と共生-】

  • 社会福祉法人みどりの風にかかわる職員は、全ての利用者、ならびに地域住民の現状を許容し、肉親に対するような深い愛情を抱きつつ、互助の精神を基に生活の向上に努め、地域社会の繁栄に寄与します。

【運営方針】

  • 高齢者の自立を支援し、その家庭への復帰を目指して努力する。明るく家庭的な雰囲気を保つことを心がける。地域の方々やご利用者の家庭との結びつきを重視する。その目的を常に明確にするとともに、目的達成のため、役職員の熱意と資質を向上させるように努める。

【認知症介護理念】

  • 「共に笑顔のある生活」を目指し、これまでの生活の維持、目配り・気配り・心配りのできる介護、「みどりの杜で良かった」と思われる関係作り、安心できる生活環境の構築に努めます。

【施設概要】
 地上3階鉄筋コンクリート造
 入所定員:100名(個室10室、2人部屋5室、4人部屋20室) 通所定員:35名
 1階:通所リハ室、機能訓練室、居宅介護支援事業所、事務室、管理職員室、相談室、介護室、厨房
 2階:居室、サービスステーション、食堂、レクリエーション室、多目的室、浴室、トイレ
 3階:居室、サービスステーション

.


shisetsu (7).jpg施設外観
shisetsu (1).JPGshisetsu (2).JPGshisetsu (3).JPG
shisetsu (4).JPGshisetsu (6).JPGshisetsu (5).JPG

上段は、施設外観
中断左から、施設駐車場桜並木、施設エントランス、施設ベランダからの富士山
下段左から、4人部屋居室、リフト浴室、トイレ

1998年(1月)
社会福祉法人みどりの風 設立
1999年(2月)
老人保健施設みどりの杜 開設

通所リハビリテーション、短期入所療養介護、無料低額老人保健施設事業

2000年(4月)
介護老人保健施設みどりの杜に名称変更 事業所番号:1453380011
居宅介護支援事業所 開設 事業所番号:1453380011
2008年
神奈川県身体拘束廃止推進モデル施設 指定
2012年(12月)
訪問リハビリテーション開設 事業所番号:1453380011
2013年(12月)
在宅強化型基本サービス費算定
2016年(11月)
かながわベスト介護セレクト20受賞