デザイン②.png






住み慣れた地域で、みどりの杜(もり)が育む『在宅復帰』と、安心できる『在宅生活』のお手伝い


テキストサイズ 小 |中 |大 |

先輩職員インタビュー

mori2018 (6).JPG

ケアワーカー 松岡唯

(平成23年度新卒)

介護を辛くするも楽しくするも

アナタ次第です!

mori2018 (1).JPG

理学療法士 川村敦

(平成24年度中途採用)

各セクションとの情報交換も盛ん!
やる期に満ち溢れています。

20160303 (3).JPG

ケアワーカー 阿武靖子

(平成23年度中途採用)

新しい自分の発見もできます。
一緒にがんばりましょう~!!

ns001.jpg

看護師 姫野広美

(平成22年度中途採用)

超高齢社会に少しでも貢献!

mori2018 (1).JPG




先輩職員インタビュー

“みどりの杜は各セクションとの情報交換も盛んで、
やる気に満ち溢れています”

理学療法士 川村 敦(平成24年度中途採用)


━━━この仕事についたキッカケを教えてください。

  • 前職は会社員でした。忙しく働いていたのですが、祖母が骨折してしまいリハビリを受けていたことで理学療法士の存在を知りました。その後4年間の学生生活と国家試験を経て28歳の時に理学療法士の仕事につきました。



━━━今の仕事内容を教えてください。

  • ご利用者の疾患は様々ですが、ADLに繋がるように立ち上がり、立位・歩行訓練を中心とした身体機能の向上、また、在宅復帰強化型施設ですので各セクションと連携し在宅復帰前にご利用者の自宅に行き、環境設定のアドバイスも行っています。


━━━これからの目標は?

  • 目標と言えるか分かりませんが、在宅強化型施設の理学療法士として、多くのご利用者の在宅生活、地域社会への復帰を後押しできる存在でいたいと思っています。



━━━この仕事について良かったと思えたエピソードを教えてください。

  • 担当したご利用者と私でリハビリプログラムの相違があり、関係性が悪くなってしまうことがありました。その後、お互い話し合いの末納得しリハビリも順調に進みました。骨折された方で入所時は車椅子でしたが、しっかりと歩くことができるようになり笑顔で在宅復帰されたことが思い出深いです。

DSC02731a (1).JPG