住み慣れた地域で、みどりの杜(もり)が育む『在宅復帰』と、安心できる『在宅生活』のお手伝い


テキストサイズ 小 |中 |大 |

先輩職員インタビュー

mori2018 (6).JPG

ケアワーカー 松岡唯

(平成23年度新卒)

介護を辛くするも楽しくするも

アナタ次第です!

mori2018 (1).JPG

理学療法士 川村敦

(平成24年度中途採用)

各セクションとの情報交換も盛ん!
やる期に満ち溢れています。

20160303 (3).JPG

ケアワーカー 阿武靖子

(平成23年度中途採用)

新しい自分の発見もできます。
一緒にがんばりましょう~!!

ns001.jpg

看護師 姫野広美

(平成22年度中途採用)

超高齢社会に少しでも貢献!




先輩職員インタビュー

“このままじゃない、これだけじゃない、まだまだやれる!!

ケアワーカー 阿武 靖子(平成23年度中途採用)

20160303 (3).JPG



━━━この仕事についたキッカケを教えてください。

  • 高校生の時、将来の夢は「福祉の仕事」でしたが諸事情で断念。
  • 今から10年前に父が脳梗塞で倒れてしまったことがきっかけとなり、当時の夢を叶えてみようと飛び込んでみました。


━━━今の仕事内容を教えてください。

  • 食事、排泄、入浴などご利用者が1人ではできないことを「どうしたらできるか?」と考えながら、今までの生活が継続できるよう支援していきます。

20160303 (2).JPG

━━━これからの目標は?

  • 介護支援専門員の資格取得。知識の幅を広げ日々の業務に活かしていけたらと思っています。



━━━この仕事について良かったと思えたエピソードを教えてください。

  • この仕事を始めたのは、まだ母親業真っ只中の頃でした。日常生活の中で名前を呼ばれることなどなかったのですが、仕事中、何度も何度も私の名前を呼んでくれ、姿を探して手を差し出してくれるご利用者に出会いました。そばにいると心が落ち着き癒され、私の方が支えてもらっていたような気がします。何年後かにお見送りをすることになりましたが、どんな時にもご利用者としっかりと向き合い、一つひとつの関わりを丁寧に行うことの大切さを学びました。